中学受験と過去問

中学受験勉強をしていく中で、過去問を解くというのは非常に重要な勉強方法と言えます。過去問を解くメリットは出題傾向がわかる、実際の試験と同じ時間でのリハーサルに使えるなどさまざまなものがあり、これを利用するかどうかで中学受験の本番に臨んだ時に気持ちの余裕が持てるかどうかが大きく違ってくるでしょう。

メリットのひとつである、中学受験で志望校の出題傾向がわかるという点は大きな利点です。中学受験では小学校での勉強した全ての中から問題が出されますが、だからといって全てを勉強するのは不可能と言えます。ですから出題傾向を知る事でどういった部分を重点的に勉強したらいいのか、学力の底上げをするならばどういった傾向にすれば良いのかなど、受験勉強をしていくなかで必要な情報が過去問には多く詰まっています。

また過去問は実際に過去使用された事のある問題なので、自分の実力がどれくらいなのかを知りたい場合に挑戦すれば、現時点での学力を知る目安にもなります。中学受験は、生徒によっては長い期間をかけて勉強をしていきますので、途中で自分の勉強の成果を過去問を解く事で知り、自信をつけるきっかけにもなってくれます。過去問は中学受験の勉強で、進学塾や家庭教師をはじめ多くの場面で利用します。そのメリットを知っておく事は、過去問をただ解いていくだけでなく明確な目的意識を持つためのきっかけにもなってくれるでしょう。