中学受験の勉強・数学

数学は苦手としている生徒が多い科目で、中学受験でもこの教科で躓く生徒も多いでしょう。数学はきちんとした公式や途中の計算式まで書かないと、答えが合っていても正解とはされません。ですから数学の勉強では、まず公式や計算式などをきちんと書く事ができるようになる事を重視して勉強していきましょう。公式などは暗記できますし、計算式の書き方などは多くの問題を解いていく事できちんと書けるようになります。

数学の勉強で暗記は必要ないと考えてしまいがちですが、公式については暗記をしておいた方が良いですし、計算式の書き方などもある程度暗記しておくと重宝します。もちろん暗記するだけでは意味がありませんから、きちんと問題を解いてどういった問題でどの公式を使うのか、応用問題などではどのように公式を使っていくのかも合わせて覚えるようにしましょう。公式を覚えていないと数学の問題を解くのは難しく、中学受験においても不利となってしまいます。

計算式の書き方などは何度も問題を解く事で覚えるしかありません。ただし気をつけたいのは、計算をしていく途中での数字の書き間違いや計算間違いなどのケアレスミスです。数学では数字が1違っただけでも結果は大きく異なります。計算式を書いていく上でこれらのミスは非常に多いため、何度も問題を解く事でケアレスミスを少なくするよう努力しましょう。