中学受験の勉強・国語

中学受験の科目の中でも、国語は多くの生徒がつまずきやすい科目です。国語には明確な解答がなく、勉強をするといってもどのような勉強をしたら良いのかが分かりにくいため、勉強に手間取る生徒も多いでしょう。しかしだからこそ、国語の勉強のやり方を知っておき、他の生徒と大きく差を開かせる武器になり得る科目でもあるのです。

国語の勉強でやっておきたいポイントのひとつに、漢字の書き取りが挙げられます。漢字の書き取りは試験で確実に出題されるものですし、漢字の間違いなどを少なくすればケアレスミスによる細かな減点をなくす事も可能です。国語の解答は長文を書く必要がある事も多く、そういった時に漢字を間違うと解答そのものが間違いと判断されてしまう事もあります。また問題文を読む時にも読めない漢字があると問題を正確に把握できないですから、漢字を覚えるというのは非常に重要です。

もうひとつは普段から長文を読む事に慣れておく、というものです。国語の試験では必ず長文を読み、その中からさまざまな部分を読み取る問題が出題されます。ですが普段から長文を読み慣れていないと、読む途中で集中力をなくしてしまったり、読みとるべき部分がどこなのかわからないという事になる場合があります。普段から長文を読むという事に慣れておけば、中学受験の試験でどのような問題が出てもしっかりと文を読み解く事ができるようになるでしょう。