中学受験で選ぶ注意点

中学受験で志望校を選ぶ時に、子供が望んでいるからといって何も検討せずに志望校を決めると、合格するのが難しくなってしまう危険があります。中学受験の志望校を選ぶ時にはいくつか気をつけるポイントがあり、そのポイントを知っていれば中学受験に成功する確率が上がるだけでなく、子供にとってプラスになる志望校を見つける事ができるでしょう。

志望校を選ぶ時に気をつけたいポイントのひとつは偏差値で、これは合格できるかどうかの指標になるだけでなく、中学受験の勉強をする時に子供にとっての具体的な目標となってくれる数値です。現在の子供の偏差値ではどの中学校なら合格圏内なのか、今後の勉強でどのくらい偏差値を伸ばせるのかなど偏差値に気をつけるだけで志望校を選びやすくなります。無理に偏差値の高い中学校を受験するよりも、合格可能な中学校を選ぶというのも志望校選びでは重要です。

もうひとつ気をつけるポイントは複数の志望校を選んでおくという事で、これは高校受験や大学受験でも同じ事が言えます。中学受験は失敗したとしても普通の公立中学校に通う事ができますが、滑り止めを受けておいて損はありません。本命である志望校の前に滑り止めの中学校を受験しておけば、試験の予行演習にもなりますし、滑り止めがあるという事は子供自身が気持ちに余裕を持つことにもつながります。