中学受験の志望校選び

中学受験は対策や受験勉強も大事ですが、それらをする前にまずは志望校をどこにするかを決めなくてはいけません。中学受験の志望校によっては、学力の底上げ以外にも対策をとっておかなくてはいけない場合も多くあります。それは志望校ごとに違っていますから、志望校を決めるというのは非常に重要な事です。では、どういったポイントに注目して志望校を決めると良いのでしょうか。

まずポイントのひとつとして、偏差値に注目しましょう。偏差値は志望校へ合格できるかどうかの目安となりますし、子供が勉強をする時にも目標となってくれます。しかしあまり高い偏差値の志望校にしてしまうと目標としての現実味がなくなってしまうため、子供の現在の偏差値を確認して無理のない中学校を見つけるようにしましょう。ひとつ気をつけておきたいのは、高校や大学受験の偏差値から約10程度引いた数が中学受験の偏差値であるという点です。

そして重要なポイントは、子供が行きたいと思っているかどうかです。子供が行きたくないと思っている中学校を志望校にしてしまうと、子供が受験勉強をするモチベーションを保つのは難しくなるでしょう。受験をするのはあくまで子供本人ですから、その子供本人がやる気になるようになるべく子供が行きたいと思っている中学校を志望校にしましょう。成績などの関係でもっと上を目指せる場合は、子供とよく相談してから志望校を変更するようにすると良いです。