中学受験と個人塾

個人塾というのは、進学塾のように企業ではなく個人が経営している塾の事です。特徴としては講師の人数が少なく、クラス分けなども行っていないといったものがあり、そこが個人塾の大きなメリットとなります。進学塾と同じように複数人で授業を受けますが、講師の数が少ないためクラス分けなどはなく、塾に居る生徒は全員が同じ場所で指導を受ける事になります。ですから進学塾と同じように競争心を持つ事で、中学受験の勉強のモチベーション向上効果も期待できます。

また複数人のクラスとはいっても学年が違う場合も多く、授業という形で全員に何かを教えるのではなく、個人塾ではそれぞれの勉強を講師が見ていくという形をとっているところも多くあります。ですから基本的には家庭教師のようにマンツーマンに近い形で指導して貰えるため、わからない部分を聞きやすい環境となっています。ただ、純粋にマンツーマンというわけではないので、タイミングによってはすぐに聞けないという事もあるので注意しましょう。

個人塾は進学塾と家庭教師の良い部分を併せ持っている部分のある塾です。しかし一方で進学塾などに比べると志望校に関する情報が少なく、中学受験対策があまり細かい部分までできないというデメリットもあります。そういった部分に気をつけて、進学塾か個人塾、家庭教師のどれを利用するのかを考えてみてはどうでしょうか。