6年生からの中学受験

小学校6年生になってから、周囲の友達などの影響で中学受験を目指すという生徒も少なくありません。6年生から受験の対策を始めて合格したという生徒は少なくありませんし、きちんとした対策をすれば合格する事は十分に可能です。ただし6年生から受験対策をすると、学力の底上げと志望校への対策を同時にこなす必要がありますから、どうしてもスケジュールはハードになってしまいます。6年生から中学受験を志望する場合は、そこをきちんと理解しておかなくてはいけません。

中学受験に合格するためには、学力の底上げは必須と言えます。6年生から受験勉強を始めた場合、この学力の底上げと過去問を解くなどの受験対策を同時にしていかなくてはいけません。さらに志望校によってはその志望校独特の審査などがある場合もあり、そちらへの対策も考える必要があるでしょう。そのため6年生から中学受験を意識した場合、スケジュールは非常にハードなものとなります。

こういった場合に両親や子供だけでの勉強で合格するのは難しく、進学塾や家庭教師などプロの講師を利用すると良いです。プロの講師なので効率よく勉強を教えてくれますし、受験までの無理のないスケジュールを立ててくれたり、志望校についての相談などもできるので心強い味方となってくれるでしょう。