5年生からの中学受験

中学受験は一般的には小学3年生や4年生から始めるのが一般的とされていますが、5年生になって初めて中学受験を意識し始めるという生徒もいます。もし自分の子供が5年生になってから中学受験をしたいと言いだした時に、遅すぎるのではと思ってしまう人も多いでしょう。しかし中学受験は5年生から始めたとしても、決して遅いという事はなく、きちんと勉強をして中学受験に成功したという例も非常に多いのです。

中学受験を5年生から始める場合、気をつけなければいけないのが勉強のスケジュールがやや厳しいものになってしまうという点です。一般的な進学塾などでは5年生までに小学校の勉強を全て終わらせ、6年生からは志望校ごとに照準を合わせた対策をしていくので、それに合わせたスケジュールを組んでいます。しかし5年生から始める場合はある程度スケジュールを遅らせる必要がありますし、早い段階で志望校の対策へ移るために勉強の内容も一気に増えてきます。

5年生から中学受験を考える場合は、基本的にスケジュールが忙しいものになってしまいがちです。ただ、塾によっては志望校の対策と小学校の勉強を並行してスケジュールを組んでくれる場合もあるため、絶対に厳しいスケジュールになるというわけではありません。しかし3年生ぐらいから受験に向けて動いていた生徒に比べるとスケジュール的にはハードになるため、両親からのフォローなども必要となります。